(今度こそ)P01Dを卍解する。

続き。やっぱりダメそうな気がしてきた。
初代のHT03Aでさえ2.3.5のOSを入れて現在もそれなりに不自由なく動いているのだが。
どうもP01Dは電源周りが残念過ぎる模様。バッテリーに何か怨みでもあるのかって程に電気を拒んでいる(ある程度の解決策は後述)。

・今の世代にしては少ない内部ストレージ(512MB)に対してプリインストールアプリ多過ぎ。普段使わない常駐物が好き勝手に通信したりして常時電池喰われ過ぎ。しかも通常は消せない。
・バッテリー容量も今の世代にしては少ない(1200mAh)。
・たまに起きる充電詐欺。USB繋いで赤LEDが点灯したので充電してんのかな?と思ったら翌朝には完全放電してて、ある程度電圧掛けないと再充電すら開始してくれないとか何なんだ。
・充電拒否。極めつけはこれ。純正のアダプタじゃなくて他の携帯で使ってる通信用ケーブルと予備電源などから充電を試みようとしても、わざわざ判別して突っぱねられる仕様。
これだけ電池減りやすいのに。もう充電嫌いなんじゃないかと勘繰ってしまう。

ただ、全体的なスペックは悪くない上、OS自体も割と素直な作りになっている(=独自の変な改造があまり加わってない)ため、実は「不要なプリインストールを頑張って削る」だけでも、リスキーな改造を施さずにある程度使えるようになる。
最近は(※あくまで「adb shell」とか解る人向け)卍解の手助けをしてくれる神様の出現により、P01D自体が再評価されている模様。

最近のD世代端末にしては妙に入手しやすいので、対費用効果は非常に高いでしょう。
予備電池用に白ロム買い増した方が早そうなので、バッテリー問題も一応解決でしょうか。で良いのか?

残りの電源問題については、今後のファーム更新で自己発電か超伝導でも出来る様になったら評価してやる。

今まで購入したandroid端末は、軒並み「卍解(余計な制約を解除して、潜在能力を引き出してあげること)」に成功していたのだが、ハード面での制約については厳しそうですね。。

P01Dを卍解する。

ある機材の内部制約を解除して潜在能力を引き出す作業を個人的に卍解(ばんかい)と呼んでいたが、引用元のBLEACHが終わりそうな昨今、新しい呼称を考えている。

さて、その卍解対象であるが。
随分昔の例では「sound blaster live!」という、それはもう初心者向けで実売数千円程度の廉価なサウンドカードがありました。
実はこれ、内部はE-MU Systems(creativeが買収した電子楽器の名門)が開発した 「EMU10K1」という非常に優秀なチップが使われていたため、最適化した非公式のドライバに入れ換えるだけで、当時は10万円近くした専用カードに匹敵するASIO対応・低レーテンシーな環境に生まれ変わる、なんて裏技もありました。

最近は、主にandroid携帯についての卍解を考えている。
長くなったので続きは次回。

【Android SDK R14】ビルドターゲットが選べない?

プロジェクト新規作成時の手順とか、微妙に変わっていたので覚書。

さて、先日発表になりましたAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich)の開発環境を含んだ最新版のSDK「Android SDK(Revision 14)」を入れてみました。

色々刷新されてるようなので、いったんEclipseごとゴッソリと入れ替えてみました。

現時点での最新環境

  1. Android SDK(Revision 14)
  2. ADT 14.0.0
  3. Eclipse 3.7.1 Indigo
    (Pleiades All in One 日本語版)

インストール、設定方法はここのサイトがマンガ形式で読み易いw

で、最新のAndroid4.0開発にwktkしながら、早速新規プロジェクト作成(ファイル>新規>Androidプロジェクト)してみた訳ですよ。

Androidプロジェクト新規作成画面1

ない・・・ない!

あの、ビルドターゲットやらパッケージやら指定する部分が、出てこない?
これじゃあアイスサンドどころか、ドーナツエクレアすら食えないっすよ。

で、インストールを全部最初から3回ぐらいやり直した挙句、開発ターゲットは次画面で設定することにようやく気が付きました。

Android新規画面2
おお、ちゃんとAndroid4.0も表示されてる!
どうも、無駄なバージョン乱発によるビルドターゲットの増大により、最初の画面じゃ収まりきれなくなった模様。
次画面とか確認してなかった時点で、testプロジェクト作成とかマンドクセと次画面を普段スキップしていたことがバレてしまいますね。反省。

Android新規画面3
さらに次画面。
ここでパッケージ名などのアプリケーション情報を入力してあげます。
テストプロジェクト作成時は、下のチェックを付けてあげるだけで、後は勝手にやってくれます。
今まで手動入力していた部分も、、デフォルトである程度自動補完してくれてるのね。便利。

新しい楽器考えた。

新楽器を考案したので、EzHelmh(イージーヘルム)と名付けておこう。

以下覚書。

  • 本気で純正律を得ようとするなら、1オクターヴを70分割くらいする必要があるらしい
    玉木宏樹先生談)。
  • じゃあ、オクターヴ70分割しちゃいましょうかw
  • その昔、田中正平の純正調オルガンと言うものがあってだな(20鍵/Oct)
  • 更にその師匠、ヘルムホルツも純正調オルガンを作っていてだな(32鍵/Oct)
  • いや実際、要らない音多くね?普通の鍵盤でさえ5~7鍵/Octくらいで充分だろ
  • あ、ピアノの白鍵相当から常に純正調を得る手段を発見しました!転調上等。
  • おや、こんな所にAndroidタブレットが…(以下続く)

Androidマーケット、v1.xのアプリを大虐殺。

【2011/10/05 追記】
プロジェクト新規作成時のビルド・ターゲットを2.1以上にして(既存プロジェクトだとandroid.jarを2.1以上のものに差し替え)、MIn SDK Versionを1.5や1.6に指定してあげると、Cupcakeでも美味しく召し上がれました。
意外とこのエントリの参照が多いので、追記しました。
偶然見つけた回避法なので、自己責任でどうぞ。

週末に、新規に公開したアプリのDLが一向に伸びない。

で、試しにマーケット覗いたところ、「そんなアプリねぇですよ」と言われるんです。
色々検索ワード変えてみても、NG.

開発者画面開いてみると、確かに公開されてるんだが。
でも、詳細開くと見慣れない警告が出てるんですよね。

この apk は Android マーケットのフィルタリングに使用される 1 件の機能をリクエストしています
android.hardware.touchscreen

英語版:(This apk requests 1 features that will be used for Android Market filtering
android.hardware.touchscreen)

touchscreen。

使ってねぇ。

そんな機能、使ってねぇよ今回!

どうも、AndroidManifest.xml内に「この機能は使わないよ」って明示しておかないといけないらしい。面倒だ。

じゃあ他はどうなんだいと、以前公開した他のアプリも開けてみたら、
同様の事象で全部フィルタリングされてた。もう勘弁してください。

んで、調べたところ

<uses -feature android:name=”android.hardware.location” android:required=”false” />

ってなコードを埋めてあげないといけないルールとなったそうで。
早速追加すると、Eclipse様に

ERROR No resource identifier found for attribute ‘required’ in package ‘android’

と怒られた。どうしろと!?

どうも、
android:required
なんて属性は2.1以降らしく、1.6上にはないらしい。

じゃあアレか?マーケット上から1.x以下のアプリは全て抹殺するってこと?
確かに現状は実質無審査状態なので結構カオスフルでしたが、それはいかんでしょう・・・

そもそも俺、HT-03Aなんですけど?1.6時代に既にメーカから見放されてるんですけど!?
…あ、自力で2.2(Froyo)に卍解したから無問題だった☆

とはいえ、1.6ユーザを切り捨てるなんて方策取りたくないしな。。。どうしたら良いものか。
(基本、自作アプリはv1.5or1.6の動作を保証するようにしています。)

【近況報告】Android本に載ってます。

Androidアプリ事典512
(インプレスジャパン社刊)上で、osciRadarを紹介して頂きました。
報告遅くなって申し訳なし。

楽器としての基本性能が出来た時点でのリリースでしたが、機能追加については10月中旬の情報処理試験&自己批判ショー公演が終わってから考えたい。忙しいね!

楽器としての用途が拡がる様な、もっと解り易いUIを考えてます。

あと10月中に、或るイベント企画を考えたい。こちらはASAPで。。

アンドロイダーで紹介されました

国内最強のAndroid情報サイトアンドロイダーにて、osciRadarが紹介されました!
http://androider.jp/?p=11993

もう何が凄いって、アプリ解説が超解り易い。
ジャンル毎に数多くのアプリレビューを行っているにも拘らず、アプリのキモを的確に紹介し、楽しんでレビューしている感がある。

いや本当に解りやすかったので、ちょっと引用。

< 内容>
地磁気センサーを利用し、方位を少しずつずらすことにより、和音を奏でる世界初のコード伴奏に特化したアプリ。メジャー/マイナーのコード種別は現在の基準(ルート)音より自動的に判定するため、楽器未経験者でも簡単に演奏が可能だ。
アプリを起動すると、画面の中央に現在向いている「方角」のコードが表示される。コードをタップすると、そのコードの和音が出る。時計の要領で、そのまま5 分時計回りに方角を変えると、違うコードに変わる。このアプリでは、北(12時)の時に、Cメジャー(ハ長調)の基点、C(ド)を指すようになっている。
コードの変更毎に構成音の音程を自動的に計算することにより、完全な純正律での演奏ができる。

< レビュー>
楽譜が読めなくても、角度を変えるだけで美しい調律で和音を奏でられるので、楽器初心者でも手軽に楽器演奏を楽しむことができる。始めのうちは演奏に苦戦するが、慣れてくると、携帯を動かしながら演奏ができ、一種のパフォーマンスのようにかっこいい動きを追求したくなってくる。ギターやドラムと合わせて、即席バンドをやってみるのも面白そうだ。

「コードを探しているうちに目が回ってきた」ってありましたが実は自分もそうでして(スマヌ)、開始点も度数の関係も解らないんですよね現状。
ただこの辺は次回バージョンアップで解消予定。なのですが、公私共に多忙過ぎて手がつけられないのです。。もうしばしお待ちを!

osciRadarの演奏法(1)

DLしたものの使い方が解らない、との声がありましたので、osciRadarの演奏法を数回に分けて解説します。

まず起動すると、画面中央に何やらアルファベットが表示されていますね。
oscirader_screen.png
これが現在向いている「方角」のコードを示しています。
circle_of_5th_compass
現在の仕様では真北がCメジャー(ハ長調)の基点、C(ド)を指すようになっております。
まず北を向き、表示が「C」を指した所で画面中央のボタンを押してみましょう。
和音が鳴りましたね。これがCメジャーの和音です。
メジャー、マイナーの種別は音程の度数から自動的に判定します。

では、そのまま少し右を向いて下さい。
東に30度、1時の方向を向いた所でボタンの表示が「G」に変わりましたね。
oscirader_screen.jpg
これが真北のCから5度上の、Gの和音になります。
同様に2時、3時…の方向へ時計周りに5度づつ進行し、一周回った時点でもとのCに戻ります。

では、簡単な曲を弾いてみましょう。

C(北・12時)-G(1時)-C(12時)

懐かしい感じがしませんか?そう、「起立・礼・着席」のコードです。

ではまた次回!

Androidアプリ「osciRadar」公開中。

osciRadar
連休中、自作の楽器アプリをAndroidマーケットに公開しました。
以前、出願した「電子楽器に関する特許(出願番号:特願2004-126112)」のアイディアが、 Androidのセンサーを利用する形で結実致しました。

本アプリケーションは特別な訓練を要さず手軽に楽器演奏を楽しむことが出来る、コード伴奏に特化した世界初のアプリケーションです。
地磁気センサーを利用し、方位を五度圏に置換することにより、基本コード進行に必要な要素のみを最小限の動作で引き出します。
メジャー/マイナーのコード種別は現在の基準(ルート)音より自動的に判定するため、楽器未経験者でも簡単に演奏出来ます。
コードの変更毎に構成音の音程を自動的に計算することにより、音楽の誕生時から長年不可能とされてきた「完全な純正律による和音伴奏」を、遂に実現可能としました!
今までに聴いた事がない、「完全に美しい調律」を手軽にお楽しみください。
(osciRadar製品紹介文より)

あ、iPhoneに移植する予定はございませんので御了承ください。