まっくのうち!まっくのうち!

改めまして、明けましておめでとうございます。
正月早々、少女単体など見に行ったが為に40度の熱出して寝込んでました(間違いなくアレが原因)。
さて今日は新年早々リベンジでございます。
何の?といえば、そう!冒頭の写真にもある通り、去る9・11に行きそびれたKAIENTAIーDOJOの後楽園ホール大会を見に来ています!
そういえば初めて来た後楽園ホール。「はじめの一歩」で毎週読んでいる、あの会場が目の前に!!
まっくのうち!まっくのうち!
しかし凄いね、会場超満員!BlueField何個分?KーDOJO大人気です。当たり前ですけど。

劇薬、というか爆発物

長くなったので追記。
大沢食堂の”極辛”は未体験なのですが…噂聞くだけで死者出ますね、多分。
大辛は中辛の2倍と聞いたので(並の3倍ではなく、4倍!)覚悟の上臨んだのですが、これの更に倍とは普通に無理と判断…。
そんな話を会計時にしたのですが、帰って来た返事は非情にも「極辛は20倍ですよ」と…!!
スペランカーズのDJ KEMCO氏の説によれば、並でも普通のカレー屋の倍は辛いので、その倍の倍の20倍ってことは、 普通の160倍辛いカレーという計算になります(!!!)
食物というより、もはや劇薬か爆発物です。実物見た事ないけど!でも多分いつか注文するけど!!
あと自分、辛いのは際限なく好きなのですが猫も跨いで渡る程の超猫舌なので、大辛のカレーラーメンって考えただけど悶絶です…「中本」の北極ラーメンもまた然り。

ちなみに大沢マスターはキックボクシングの元チャンピオン。店内には現役当時の写真が大きく飾られてます。
先日行った時には、何と北海道から食べに来たという方がマスターにサインを求めていたのが印象的でした。何でも小学生時代からのファンだそうで、照れながらも一言、「信念」と書くマスター。格好いい!

煉獄の辛さ!大沢食堂極辛カレー

本駒込縲恃虫R界隈には、幸いなことに「名店」と称される飲食店が多数存在する。
千石自慢ラーメン、豆腐懐石五右衛門、ワンズドライブ…
これらを紹介していくだけでも当コーナーの存続は当分保証されそうなので追い追い紹介していくとして、今回は「大沢食堂」について書こうと思う。
以前から各種メディア等で評判を聞いてはいたのだが、それが実は家から徒歩3分に立地する、この店を指していたとは思ってなかった…!!
で、大沢といえばカレーが名物なのですが、今回は遂に”大辛”を頼んでみましたのでした。
「並は食べた事ありますか?本当に辛いですよ」と、やはり一旦引き止められる。青木ヶ原に踏み入る若者を諭すように・・・が決行。
美味い!けど辛いと言うか痛い!!許容範囲ギリギリです。
最期に飲んだ味噌汁が、また口中を刺激する!
これで熱いスープ・・例えば大辛カレーラーメンなんて絶対無理。
でも次回、大辛カレーチャーハンはかなり食べてみたいと思う。

※味噌汁は先に飲んで胃壁にバリヤーを作ってからカレーを一気に流し込むというのが大沢攻略法だそうです。
あと、カレーラーメンのほうが逆にスープで薄まるぶん辛さがマイルドになるという噂のこと。情報有難う!!>DJ KEMCO師

探訪・週刊ゴング編集部!

そういえば「カワヴェリくん家の近所に週刊ゴングの編集部があるらしいよ」。そんな噂をちょっと前に聞いた事があった。
ホーガンやハンセン、猪木全盛の時代からプロレスに熱狂した自分にとって、これはなかなかエキサイティングな事実である。
しかも最近はKAIENTAI-DOJOのタッグチーム、パワフルHONEYちゃん’Sのテーマ曲を手掛けた事もあって尚更である。
確かに出版関係が異常なまでに多いここ文京区において、後楽園ホールや講道館も近いこの立地に格闘技雑誌の編集部を置くのは、成る程道理に叶っていると言えよう。
武藤敬司顔の治を筆頭に、格闘技マニアが多い自己批判ショーの稽古場にも以前ゴングが置いてあったのでパラパラとめくっていたら、やはり編集後記のタイトルが「こちら白山2丁目栄楽前ゴング編集部」となっていた。
なので今度実際に現地を訪れてみようと思っていた矢先、「味の栄楽」なる中華屋と邂逅。

うむっ、何か聞いた覚えのある店名ぞ!?・・・と振り向いたそこはッ!!
あった!本当にあったよゴング編集部!!

急ぎの帰り道故に看板を写真に収めたに留まったが、いずれ実際に訪れてみたいと思う。
「味の栄楽」へ…。
※ゴング編集部様。もし何かの縁でこのサイトをご覧になりましたら、K-DOJOの扱いをもっと増やして欲しいなぁ(笑)

本駒込応援コンテンツ

★さて、遅くなりましたが。 写真は8月15日、ゴキブリコンビナート観に行った帰りの一枚です。

冒頭で、アレルギー持ちの男が「俺はスギ花粉が大嫌い!」「俺はハウスダストが大嫌い!」と歌いながら舞台上でスギ花粉やハウスダストが飛び交う場面があったのですが、該当者の自分も見事に反応したのでした(笑)

★で、こりゃタイムリーだわと思ってその事をアンケートに書いたのですが・・・まさかHPで公開されるとは(笑)

そう、この劇団は終演後、全てのアンケートに答えるんだった・・・忘れてた。ちょっと恥ずかしい!

しかし丁度良い機会なので、「本駒込物語」なる新コーナーを始めてみました。

★というのもゴキコンの看板女優、セロトニン瘍子様とは以前から面識があったのですが、彼女が自サイトにて「駒込物語」と言うコーナーを作っておりまして・・・そう、実は近所なのですが(笑)

それで「俺も今度、本駒込物語始めようかな?」と話していたこともあり、丁度良い機会なので作ってみました。

そしたら結構近所にも見所あるのね。再発見!ネタも結構あるので、随時更新したいと思います。