携帯無くしました。

先週末。故に満足な現代生活が送れません。
あと眼鏡もなくした。

・必要なときに限って、公衆電話が無い。殆ど皆無。
・しかも公衆電話からの着信ってやはり取らないですよね普通。。
・留守電って音声ガイダンスだけで10円取られる。
しかも最近のガイダンスは#キーとかで飛ばせないらしい。
「なお、TV電話の・・」って、そんな機能つかわねぇよ!
・やはり逆鱗に触れる。しばらく禁酒令発動。。。
・つか、時々死にたい。

品川縲怏i田町って結構遠いよ(豆知識)

(前回のあらすじ)先述した通り、今宵は終電を乗り過ごして途方に暮れていたのであった。

…寒い。おまけに飲み過ぎて気持ちが悪い。
しかし、ここでタクシー利用を提案する程裕福でもない下賎な身分を呪いながらも、こんな日の為に温存しておいた「寄生獣」や「ガラスの仮面」の全巻を読破しようとマンガ喫茶を探索するが、これもまた見当たらず。
早過ぎた薄着も災いして、この命・まさに品川へ散らんとしていた…。

だが、その時!時間潰しや交通費、生命維持策さえも解消する、素晴らしい妙案を見出だしたのであった。

そうだ、走って帰れば良いじゃん。

幸い、さくら水産で飲み過ぎた酒や先刻食べた松屋のカレー等とエネルギーは過剰な程に摂取しているし、長年のボーイスカウト経験やマラソン生活により、脚への自信はある。
道中は東京タワーや皇居周辺も散策出来たりして、なかなかにオサレな家路でもある。
CO2問題や成人病対策、旅費交通費さえもシンプルに解決。

里谷と飲みたい。

今、里谷多英が最高に熱い。今度六本木で一緒に飲みたいぐらいだ。
かつて長野五輪の英雄がこんなに下衆なビッチ野郎(※褒め言葉)だったとは、一体誰が想像しただろうか←関係者は想像しただろう。酒乱振りは有名だったそうで…。
事件の顛末は今更語るでもないが、バーで泥酔した揚句に白人男と店内で姦、それを咎められたら逆上して店一軒破壊、逮捕されるというアメリカ人並の蛮行。
現実はスキージャンプペアより奇なり。あびる優(※駄菓子屋内で姦してたかは未確認)など足元にも、スキー板先にも及ばない。
高野連や朝日の戦前思想とかが気持ち悪くてしょうがない自分にとっては、何とも胸のすく様なニュースである。人間らしくって、むしろ親近感を覚える。
まあ、仮にもアスリートの自分がこういう事言ってしまうのも問題なのですが。
杉田かおるも結婚して空白となったビッチ女帝の座を奪えるのは里谷多英しかいない。
今後も雪山のマッケンロー、銀嶺のタイソンとして、「スゲーよ多英!」とか叫んでいた馬鹿実況をストックでめった刺しにする等の悪行に勤しんで欲しい。
そして自慢の大開脚で、堀江を逆に買収して見せろ。
モーグルさえ強い限り、誰も文句は言えないんだから。